2013/2/24いたばしの郷土芸能
東京都指定文化財 相模流江戸里神楽 萩原正義社中(板橋区)
o0800045012497207652
「菩比神使」
天照大神の命を受けて、高天原に従わない出雲の国つ神である大国主命のもとに一人の神が遣わされる。大国主命は息子の建御名方命に一任する場面から物語が進展する。天菩比は地上を奉還するよう書状を建御名方に求めます。一度は承諾する建御名方ですが、本心では渡すまいとする命は一計を案じ、酒に酔ったところを討つ作戦にでます。天菩比は始めは酒を拒むものの飲まねば書状は渡さないという言葉、仕方なしに口にしてしまいます。建御名方は畳みかけるように天菩比に舞を舞わせて、酔いも手伝い伏してしまいます。建御名方は頃合いを見て天菩比に切りかかります。天菩比は戦いに敗れ、口惜しさを胸に地上を後にし帰参します。