2016/1/25 亀戸 天神社 初天神(江東区)
東京都・江東区指定無形文化財 東都葛西神楽保存会 岩楯美よ志社中(江戸川区春江)
P1250183
「神剣幽助」
刀鍛冶の名手であった三条小鍛冶宗近は時の帝より刀を一振り打つよう命じられます。しかし、自分と対等に相槌を打てる者がなく、稲荷大神の御加護を得んと祈念します。そこに稲荷大神の化身が現れ、相槌を申し出ます。稲荷大神の助力もあり、宗近は見事な刀を打ち上げます。鍛え終えると稲荷大神何処ともなく姿を消し、この刀を「小狐丸」と名付け帝へ献上致します。
能の「小鍛冶」より材を得た演目で能同様に「小鍛冶」と呼ぶ場合があります。