2014/11/10 大鳥神社(例大祭一の酉) 
東京都・新宿区指定無形文化財 江戸里神楽 萩原彦太郎社中 はぎわら会(新宿区落合)
7599

「天孫降臨」
天照大御神の孫にあたる邇々芸命一行が地上に降り立つことを聞きつけ、これを迎えようと猿田毘古神が道中で待ちます。先立って一行の従者(肝潰し)が現れ、争いになりますが、敗れ鈿女命に陳情に行きます。猿田毘古と鈿女が向かい合い、互いの誤解も解け改めて邇々芸命を迎えます。邇々芸命は猿田毘古と鈿女に夫婦の契りを結ばせ、二柱の神は手を取り相生の舞(連舞)を舞います。猿田毘古が剣で雲を薙ぎ払い先導し、一行は日向へと降り立ちます。
里神楽の基本の演目の一つであり、上演される機会も多いです。